コロナ鬱にならないために実行したい5つのポイント

コロナ渦にある昨今、さまざまな心身の不調に悩む人が増えています。
「コロナになったらどうしよう」
「老親がもし感染したら……?」
さまざまな不安による不調を脱却して、コロナ禍を乗り切るために知っておきたいポイントを5つにまとめました。

コロナ鬱かな?そう感じたら、医師やカウンセラーなどプロの手を借りることが大切です。
しかしその前に、気軽にできるセルフケアで自分を労わることから始めましょう。

ポイント① 身体を動かそう
リモートワークやステイホームでなまってしまった身体を動かしましょう。もし犬を飼っているなら、朝晩の散歩時間を増やすのも良いでしょう。人気のない公園で、密を避けてラジオ体操も良いですね。
出かけるなら、陽の光が出ている時間帯がおすすめです。太陽光は心の安定に欠かせないセロトニンを分泌させて、気持ちを明るくしてくれます。

ポイント② 自分へのご褒美をあげよう
いつも頑張っている自分へ、小さなプレゼントを贈りましょう。必ずしも高価なものでなくて構いません。好きな紅茶やお菓子、読みたかった本など、自分の心身を癒してくれるものを選ぶのがポイントです。

ポイント③ オンライン飲み会をする
友人と会えないことで寂しい思いをしているのなら、オンライン飲み会にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?オンラインとはいえ、思いきり喋って笑い合う時間は、心を晴れやかにしてくれます。

ポイント④ 自己啓発やスキルアップに取り組む
思いがけず時間が空いてしまったこのタイミングで、自己啓発やスキルアップに取り組んでみましょう。余計なことを考える時間をなくすだけでなく、新しいスキルを身につけるということは自分に自信を与えてくれます。

ポイント⑤ ルーティンワークをこなそう
リモートワークや自宅待機は時間が不規則になり、昼夜逆転しやすくなります。毎日の家事や仕事をリスト化して、ルーティンワークとしてこなしていきましょう。たとえば、9時になったら洗い物を済ませてデスクに座る、午後3時になったらチョコレートを一粒食べるなど、小さな習慣で構いません。規則正しい生活は自然と心身のバランスを整えてくれます。

私生活や仕事で大きな変化が立て続けに訪れると、心身のバランスを崩しがちです。いつもよりも自分は繊細になっているという意識で、セルフケアをしてあげたいですね。

遺品整理 福岡