【大野城市で不用品回収】ゴミ屋敷もきれいさっぱり片付けます

【大野城市で不用品回収】ゴミ屋敷もきれいさっぱり片付けます

福岡不用品回収プロの柿坂です。

 

これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

先日、CHAGE and ASKAのASKAの出身地で有名な大野城市に住んでいる男性から、「不用品回収をお願いします」とお電話がかかってきました。

葬儀会社で働いていらっしゃるそうで、仕事が不規則で気が付いたら家の中が物だらけで生活する空間が狭くなってしまったそうです。

 

見積もりを出すためにお客様が住んでいるアパートにお伺いすると、アニメのDVDやグッズなどが山のようにありちょっとしたゴミ屋敷になっていました。

仕事が激務で、家に帰ってくると、好きなアニメのキャラクターを眺めて癒される日々を送っているのだとか。

 

しかし、最近になってお付き合いを始めた女性から、もう少し部屋を片付けて欲しいと言われて、少し処分することを決意されたそうです。

また、非常にストレスが溜まるお仕事のようで、部屋中に空き缶やペットボトルなどが散らかっていました。

 

見積もりにご納得頂けたので、大切な物だけ除けて頂いて、不用品を運び出すことになりました。

 

2DKのお部屋の1室がびっちり物で埋め尽くされている状態で、どこまで不用品があるのか分からない状態でした。

貴重品が混じっていないか確認しながらの作業となるため、時間がかかりましたが、1時間ほどで床が見えてきました。

 

これで、布団を敷いて足を伸ばした状態で眠れるようになることでしょう。

 

「部屋がスッキリしてよかったです!」と、さっぱりした表情で笑っていらっしゃったので、お手伝いをさせて頂いた甲斐がありました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。
宜しくお願いいたします

【筑紫野市で不用品回収】ゴミ屋敷化した床からなんと・・・

福岡不用品回収プロの柿坂です。

 

これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

今日は、俳優のでんでんさんの出身地筑紫野市で不用品回収の作業を行ってきました。

ご依頼下さったのは、温泉宿で働いている20代の女性でした。

離婚をされて、温泉宿で働き始めたものの、接客業は初めてで、職場の雰囲気に馴染めず、仕事が終わったら家で飲むのが唯一の楽しみになっていたそうです。

 

また、話をする友人もいないということで、通販番組で頻繁に買い物をして、物だらけになってしまったと話されていました。

同僚の女性が、気に掛けてくれるようになって、やっと自分の部屋がゴミ屋敷化していることに気が付いたそうです。

 

早速、お客様の住んでいるアパートにお伺いすると、Amazonの空き箱が大量に玄関に置いてありました。

更に家の中に入ってみると、物置化した健康器具や調理器具などが無造作に置かれていました。

そして、足の踏み場がないくらいビールの空き缶が転がり、生ごみが発酵したであろう異臭もしました。

 

お客様に要る物を除けて頂いて、不用品の片付け開始です!

段ボールは、畳んでコンパクトにしてまとめ、空き缶は袋に入れてトラックに積んでいきます。

 

何か落ちてる、と思ったらクレジットカードでした!危ないです!

 

不用品を全て片付けると、北欧系のソファがマッチしたお洒落な空間になりました。

「今度からは、お友達と明るくお酒を飲んで下さいね」というと笑顔で「はい」と返事を返してくれました。

一人でも、話し相手ができると人は、こんなにも変われるのかと思いました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。
宜しくお願いいたします。

【春日市で不用品回収】流しの詰まりも特殊な洗剤と高圧洗浄で詰まりを解消

福岡不用品回収プロの柿坂です。

 

これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

先日、春日市にお住いのアルコール依存症の男性から、不用品を片付けて欲しいとお電話を頂きました。

春日市と言えば、元力士の琴春日がいましたね。

今は、焼肉屋を経営されているみたいです。

 

お客様は、仕事のストレスから、お酒が止められなくなり、毎晩仕事の帰りに飲みに行く日が何年の続き、とうとう奥様がお子様を連れて出ていってしまわれたと精神的に参っているご様子が電話越しに伝わってきました。

それまでは、奥様からしつこく「飲まないで」と言われていたそうですが、「飲まないでと言う言い方が気に入らない」などと理由を付けては飲んでいたとか。

一人になって初めて、自分の問題から目を背けていたことに気が付き、やっと断酒を始める決心がついたと仰っていました。

 

ご自宅に、日本酒や焼酎の瓶が大量にあるので、早く片付けたいということでした。

 

お客様のご自宅にお伺いすると、空き瓶や空き缶が天井まで積み上げられていて、奥の部屋へ行けない状態でした。

台所は、何かの食べカスでギトギトで、台所が詰まってシンクに汚水が溜まっていました。

ゴミを瓶と缶に選別しながら袋に詰めては、トラックに運ぶ作業を繰り返し黙々と片付けていきます。

流しの詰まりも特殊な洗剤と高圧洗浄で、詰まりを解消し水が流れるようになりました。

 

もう、不用品はないかなと思ったら、押し入れの奥にもウイスキーが何本も出てきました。

もったいなけど、捨てますと自らボトルの中身をシンクに流し込む真剣な眼差しを見て、頑張って欲しいと心から思いました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。
宜しくお願いいたします。

遺品整理 福岡