【久山町で不用品回収】セルフネグレクトでゴミ屋敷化したお家の不用品回収しました

【久山町で不用品回収】セルフネグレクトでゴミ屋敷化したお家の不用品回収しました

福岡不用品回収プロの柿坂です。

 

これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

「すみません、久山町の実家がゴミ屋敷になってしまったので不用品回収をお願いしたいのですが..」と、男性のお客様からご連絡を頂きました。

 

久山町と言えば、きれいな川が流れている自然豊かな町で、移住する人も多い町ですね。先日、ご実家で一人暮らしをしているお父様が、家の中で転んで骨折した際に、連絡を受けて実家に駆け付けたところ、家の中がゴミ屋敷になっていて驚いたのだそうです。

 

久山町は離れたくないとお父様が仰るため、お客様がご実家に引越しをして同居をすることにしたので、家の中の不用品を片付けてきれいにしたいとのご要望です。

 

見積もりを出すために、ご自宅へお伺いすると、壊れたテレビやラジカセなどが、庭先に生垣のように積み上げられていました。家の中に入ると、また壊れたテレビや電気ストーブなどが所狭しと置かれていました。

 

どうやらお父様は、ゴミを拾ってくるタイプのセルフネグレクトのようです。

 

退職をして、特に趣味もなく過ごしているうちに、孤独に陥ると、捨てられている物に執着すると聞いたことがあります。お父様が入院している間に、不用品を運び出すことになり、壊れた家電製品などをどんどんトラックに積み込みました。窓を塞いでいた物が片付けられ、室内にやっと日が差し込み家らしくなりましたが、元々家にあった古い家具や絨毯なども廃棄することになりました。

 

「お父様が帰ってくるまでに、リフォームをして驚かせたい」と、お客様が仰っている様子を見て安心しました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。宜しくお願いいたします。

【篠栗町で不用品回収】ゴミ屋敷状態でも見積もり後すぐに作業可能です

福岡不用品回収プロの柿坂です。

 

これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

「大至急、不用品回収と清掃に来てくれますか?」と、女性のお客様からお電話が入りました。

 

詳しくお話を聞くと婚活サイトで知り合った男性が急にお客様の住んでいる篠栗町に遊びに来ることになったのだそうです。篠栗町と言えば、世界最大の涅槃像があるところですね。

 

お客様は物が片づけられない上に、欲しくなると何で買ってしまう買い物依存症なので、家中に服やバッグなどが散らかっていて人を呼べるような状態ではないのだとか。ゴミ屋敷化したお部屋を見られたら、絶対に相手の男性から嫌われてしまうので、一刻も早く部屋をきれいにしたいということでした。

 

見積もりを出すためにお客様の住んでいるマンションをお伺いすると、お電話で聞いていた通り、足の踏み場もないくらい物が床に転がっていました。看護師のお仕事をされていて、ストレス発散にネットで買い物をするため、気が付いたら必要のない鍋や洗剤などまで購入し、寝る場所しか生活空間がない状態になっていらっしゃいました。

 

購入したばかりのクローゼットは、中に何も入っていなかったので、服やバッグを収納して、片付けが捗りそうでした。

 

ゴミや不用品を片付けて、清掃をすると入居したてのようなきれいなお部屋になりました。

 

これなら、退去することになっても、原状回復費用を請求されずに済みそうです。

 

「やっぱり部屋がきれいになると気分も明るくなりますね」と、きれいになった部屋を見て満足そうに仰るお客様を見て、もう、部屋をゴミ屋敷にしないで幸せになって欲しいと切に思いました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。宜しくお願いいたします。

【飯塚市で不用品回収】部屋の散らかりはうつ病の原因?

福岡不用品回収プロの柿坂です。

 

これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

「すみません、飯塚市娘が住んでいるアパートの不用品回収をして欲しいのですが・・・」と、お母様からお電話を頂きました。

 

飯塚市と言えば、元内閣総理大臣麻生太郎衆議院議員の出身地ですね!飯塚市内にあるホテルで働いている娘さんは、職場での人間関係やお客様からのクレームにストレスを感じると、ストレス発散するために家でお酒を飲むことが多くなったそうです。お酒を飲むと、お風呂に入らないでそのまま寝てしまうことが日常になり、どんどんゴミ屋敷化していったと仰っていました。

 

部屋が散らかっているのが普通になると、精神的にもうつ状態になると言われています。このままにしておくのは良くありません!

 

見積もりを出すためにご自宅へ行ってみると、捨てそびれたゴミ袋が玄関からリビングへ続く廊下にびっちり積まれていて、ゴミの上を歩いてリビングへ移動しました。リビングもゴミだらけで、飼っている猫の毛が舞ってクシャミが止まりません。それに、猫の糞尿のニオイもかなり漂っていました。猫ちゃんのためにも、部屋をきれいにする必要がありました。

 

まずは、ゴミを運び出す作業から始めます。ゴミだと思ったら、コーヒーメーカーや美顔器なども転がっているので、ゴミと間違えないように不用品を回収します。掃除は、お母様が娘さんと一緒に行うとのことでした。

 

掃除が終わったら、きれいな寝具とネコのエサを買いに行こうとお母様が元気付けていたので、きっと娘さんは元気になると確信しました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

 

不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。宜しくお願いいたします。

【宮若市で不用品回収】見積もり後のすぐの作業も可能です

福岡不用品回収プロの柿坂です。

 

これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

今回のお客様は、宮若市で期間工のお仕事をされている20代の男性です。宮若市と言えば、奈良時代から続く脇田温泉が有名ですね。工場の寮生活は、寮費が安いといっても細かいルールがいくつもあって、息が詰まるそうです。そこで、3年前から工場の近くにアパートを借りて住むようになったものの、仕事のストレスから部屋中ゴミだらけになり、大家さんから苦情が来てしまったということでした。

 

見積もりを出すためにお客様の住んでいるアパートへ行ってみると、布団が敷きっぱなしで、缶ビールの空き缶やつまみ系の空の袋や汁が残ったままの缶詰などで溢れかえっている状態でした。風呂場やトイレにもゴミ袋やタバコの吸い殻が落ちていました。吸い殻は、火災の原因になりますので非常に危険です!

 

見積もりをお出しして、ご納得頂けたので早速作業に取り掛かります。

 

壁の変分以上積み上がった缶ビールの山を無心で袋に入れていきますが、たまに飲みさしの缶もあるので、台所に捨てに行きます。缶詰の残りも、中身を捨ててきれいに洗ってから空き缶と一緒に袋詰めです。

 

床が見えてきたと思ったら、今度はゴキブリがゾロゾロ出てきました。近隣の方にご迷惑がかからないように、窓は閉め切ってゴキブリを外に出さないようにします。そして、ゴミを全て外に出し終わったら燻煙剤を使ってゴキブリを駆除します。

 

お客様は、夜勤だったのでしっかり駆除することができたと思います。

 

「ゴミの中で暮らしていたのが普通だった、という感覚でいた自分が怖いです」と、仰っていたのでもうゴミ屋敷にはならないでしょう。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。不用品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。宜しくお願いいたします。

【那珂川町で不用品回収】リフォーム前の不用品回収と清掃を承りました

福岡不用品回収プロの柿坂です。

 

これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

今回のお客様は、ご主人の実家那珂川町で同居することになったのだそうですが、「ゴミ屋敷状態なので、不用品回収と清掃をお願いしたい」、と30代の女性からお電話を頂きました。那珂川町は、子供の頃夏休みにキャンプをしにきたことがありますが、用水路で地元の子供たちと泳いだ思い出があります。

 

お客様は、結婚する前から、ご主人の実家がだらしないことには気づいていたそうです。しかし、ご両親が年を取ったことで、更にだらしなさに拍車がかかってゴミ屋敷状態になっていると仰っていました。

 

実家のご両親は、納得されているのかが気がかりでしたが、二世帯住宅にリフォームすることになっているので、お客様が住むスペースだけでもきれいにしておきたいというご要望です。

 

見積もりを出すためにお伺いすると、確かに何年も前の日めくりカレンダーが飾ってあったり、相当古いたらいや桶が脱衣場に転がっていたりと、雑然とした状態でした。

 

「捨てる物なんて何も無い」と言うご両親に、リフォーム前に壊れた座椅子やカラオケのデッキなど不要な物を整理しないと、住居スペースが狭くなるなどと説得し、何とかご了承頂くことができました。

 

それでも当日は、要る要らないの押し問答で大変でしたが、かなりの不用品を運び出すことができました。床に落ちている物も無くなったので、小さなお子様が走り回ってもきっと大丈夫でしょう。生活習慣の異なる者同士が一緒に生活するのは、大変なことですが二世帯にリフォームすれば喧嘩も起こらない筈..と願うばかりです。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。宜しくお願いいたします。

【糸島市で不用品回収】ペットのゲージやフードなども丁寧に回収いたします

福岡不用品回収プロの柿坂です。

 

これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

先日、糸島市にお住いの60代の男性のお客様から、不用品回収のご依頼がありました。糸島といえば、普段ドラマを見ない私が良く見ていた半沢直樹や、坂の上の雲などに出演していた須田邦裕さんの出身地です!

 

最近亡くなられたペットが使っていた犬用のゲージやマットなどを見るとわんちゃんを思い出して辛いので、不用品回収に来て欲しいとのご要望でした。秋田犬用のかなり大きなゲージで、動かすのが大変なのだそうです。

 

ご自宅に伺ってみると、ペットロスに陥られていたようでした。

 

何もする気が起きないご様子で、台所に洗いものが溜まり、床には洗濯物や布団が出しっ放しになっているゴミ屋敷状態でした。亡くなられたワンちゃんは、大往生だったということで、20年近く一緒に暮らしていたと仰っていました。

 

「天国に行ってしまったワンちゃんのためにも、部屋をきれいにしましょう!」ということで、作業開始です!

 

不用品であっても、大切なペットが使用していた思い出の品物です。大切に扱って運び出します。

 

カーペットをめくると、畳がかなりカビていたので、きれいに拭き取りました。また、散乱していたゴミも回収し、ワンちゃんの写真を飾るスペースができました。不要になってしまったペットフードやブラシ、犬用のお洋服なども不要品として回収させて頂きました。

 

「今日は良い供養ができました」と、明るい顔で話されていたお客様を見て安心しました。お一人では、中々処分できないものでも、丁寧に回収させて頂きます。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。宜しくお願いいたします。

【糟屋郡で不用品回収】お客様のペースに合わせ、日程をまたいで片付け可能です

福岡不用品回収プロの柿坂です。

 

これより、不用品回収のお客様の声をご紹介させていたただきます。

 

糟屋郡新宮町は、私の大好きな九州フジパンの工場がある町です。作業が終わった後に食べる黒コッペなら、何個でも食べられます!

 

先日、新宮町に住む60代の女性から「不用品回収をして下さると助かるのですが」とのお電話を頂きました。

 

兎に角、物が捨てられないのと、片付けが苦手だということで、「棚から物が落ちてきて頭をぶつけることがよくある」と笑いながら仰っていました。頭に物が落ちてくるなんて、笑いごとではありません。

 

早速、お客様のご自宅へお伺いしたところ、2階建ての戸建て住宅のあちらこちらに本がうず高く積まれていたり、資源ゴミに出さないままになっている新聞紙や雑誌が目に入りました。また、本棚の隙間に手紙や書類などが挟まっていて、1つでもバランスを崩すと、バラバラと物が落ちてきそうな気配でした。

 

範囲が広すぎるので、どうしたものかと思案していると、「今回は、押し入れだけお願いします」とのご要望でした。急いでいないので、少しずつ片づけたいのだそうです。

 

早速、2階押し入れを拝見すると、かなり年季の入った古い布団が入っていました。まず。布団は要らないということだったので、運び出しました。

 

更に、旧漢字で読めないという日本文学全集が出てきたので、これも運び出します。空いたスペースに、読まない本をしまいたいと仰るので、読まない本をしまい込むよりは、普段使用しない電気ストーブやこたつをしまった方がいいのでは、と提案しご了承頂きました。

 

「今日は、これで十分です。また今度お願いします」と、仰るので今回は押し入れの不用品回収のみ行いました。お客様のペースに合わせて片付けることもできますので、なんなりとご相談下さい。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。宜しくお願いいたします。

【福津市で不用品回収】新しい出会いはお部屋の片付けのチャンス!

福岡不用品回収プロの柿坂です。

 

これより、不用品回収のお客様の声をご紹介させていたただきます。

 

海亀が産卵しにくることで有名な福津市は、市役所にうみがめ課があるそうです。市が一丸となって環境保全に取り組んでいるせいか、街中もきれいです。

 

そんな福津市で看護師のお仕事をされている女性から、ゴミ屋敷と化したお部屋の不用品回収と清掃に来て欲しいとの依頼を受けました。毎日患者さんの命を預かっている仕事をしていると、神経を使うので知らないうちにストレスが溜まると聞いたことがあります。

 

お客様はお仕事柄、清潔感を大切にする必要があるため、洗濯は毎日しているそうですが、干したものを乾いたらダイレクトに着るような状態だと仰っていました。そんな毎日を変えようと思われたのは、新しい出会いがあったからだとか。

 

引越しも考えたそうですが、勤務先に近く間取りも気に入っているため、不用品回収をすることを選ばれたとのこと。

 

見積もりを出すために、マンションを訪ねると、玄関に夏なのに冬用のブーツがぐったりと脱ぎ捨てられ、ゴミ袋や未開封の郵便物などが散乱していました。奥の部屋も飲みさしのペットボトルや汁が入ったままのカップ麺などがテーブルにびっしりとありました。ゴミは、何曜日が燃えるゴミの日なのかが分からないため、ベランダに溜めている状態でした。まず、ゴミを袋詰めして外に運び出していきました。洗いものが溜まっていたキッチンや、カビが生えていた浴室もきれいに清掃しました。

 

作業が終わると、「これで、仕事もプライベートも上手くいきそうです!」と、お客様がスッキリとした表情をされていたので嬉しかったです。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。不用品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。宜しくお願いいたします。

【宗像市で不用品回収】どんなゴミ屋敷でもひとつずつゴミと貴重品を分別

福岡不用品回収プロの柿坂です。

 

これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

ご依頼のお客様は、リストラに遭い5年前からタクシーの運転手をされているという宗像市に住む50代の男性でした。宗像市と言えば、出光興産創業者・出光佐三の出身地ですね。私は、仙厓和尚の絵が好きなので、仙厓和尚のコレクターとして知られている出光佐三のことも尊敬しています!

 

タクシー運転手という不規則な仕事なうえ、酔ったお客に絡まれたり、目的地を聞いても良く分からなくて怒鳴られるなどストレスが溜まるそうです。気が付くと、部屋中にビールの空き缶や焼酎の空き瓶が転がっている状態が普通になっていたと仰っていました。

 

運転手仲間から、「このままでは、ゴミ屋敷で孤独死するぞ」と、注意されても「大丈夫」と気にしていなかったそうですが、とうとう大家さんから「異臭がすると近所からクレームがきている」と、言われてやっとゴミを片付ける心づもりになったということでした。

 

見積もりのためにお客様の住んでいるアパートの1階に行ってみると、ベランダの外にある小さな庭に空き缶が入った袋が大量に積まれていました。部屋の中は、玄関から居間まで空き缶、空き瓶、弁当の空容器、カップ麺の容器、割りばし、ペットボトルなどで埋め尽くされていました。

 

ご契約いただき、作業に入りました。ゴミを分別しながら袋に入れ、請求書や写真などの貴重品が落ちていたら除けておきます。庭に放置してあったゴミ袋も運び出すと、ゴミ袋の下から小さな蕾を付けたタンポポが顔を出しました。「後はもう、自分でできます」と、雑巾とバケツを用意したお客様の様子を見て、ホッとしました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。不用品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。宜しくお願いいたします。

【古賀市で不用品回収】大量のアイドルCDは中古屋も引き取り拒否?!

福岡不用品回収プロの柿坂です。


これより、不用品回収のお客様の声をご紹介させていたただきます。

 

先日、古賀市に住んでいる男性から「不用品回収をしたい」とのお電話を頂きました。ラグビーと言えば、五郎丸選手が有名ですが、古賀市出身の福岡堅樹選手も俊足で素晴らしい選手ですよね!

 

お話を聞くと、大量のCDや写真集を処分したいということでした。

 

見積もりのためにご自宅をお伺いすると、想像していた以上のCDがありました。ほぼ天井まで積まれている段ボールの中身の殆どがCDでした。アイドルの握手券を入手するために、買い込んでいたのだとか。

 

そこまでのめり込んでいたのに、何故?と思っていたら「好きなメンバーが卒業することになったので自分も卒業することにした」ということでした。

 

最近では、大量の同じCDは古本屋に持って行っても値が付かないだけでなく、引き取り自体拒否されてしまうため、処分に困っていたそうです。

 

お部屋は、比較的片付いている状態でしたが、寝る時も体を曲げないと眠れないくらいCD、写真集、雑誌などで溢れかえっていました。

 

念のため、段ボールの中に貴重品が紛れ込んでいないか確認しながら不用品を外に運び出していきます。もう、不用品はないだろうと思っていたら、押し入れの中と台所の下からもCDが出てきました。全ての不用品を運び出すと、お客様が5年振りくらいで窓を開けることができましたと仰っていました。

 

「不用品が無くなって運気が上がりそうです」と、にこやかにされていましたが、お客様の仰る通り、不用品を処分してお部屋を綺麗にすると確実に運気は上がります!


福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。宜しくお願いいたします。

遺品整理 福岡