【福岡市西区】認知症の母がゴミを拾ってきてゴミ屋敷になったお家の不用品回収

【福岡市西区】認知症の母がゴミを拾ってきてゴミ屋敷になったお家の不用品回収

実家は、福岡市西区の住宅街にある築40年以上の一軒家です。

実家には、70代の母と息子の私の二人で住んでいます。

数年前から認知症の症状が出てきた母は、外へ出歩く度にゴミを拾って帰ってくるようになりました。

ゴミは主に衣類などの不燃ごみが主なので、悪臭は殆どありません。

とは言ってもダニなどの害虫被害で、体が痒くなることもあるので、健康にもよくない環境でした。

 

気が付くと、私が寝起きする部屋以外は母が拾ってきたゴミだらけに。

風呂場の浴槽にもゴミが入れられ、湯船に浸かることさえできません。

体力のない母にどうしてこんなに重たいゴミを拾ってくる体力が残っているのか不思議ですが、1階の母の寝室にも布団を敷くスペース以外全てゴミが詰れている状態でした。

ゴミの日の前日、夜母が寝た隙にそ~っとゴミを捨てに行っても早朝母が起きてきてゴミを戻してしまうことはしょっちゅうです。

 

いつか片付けたいと思っていましたが、仕事の忙しさにかこつけて何もしないできてしまいました。

最近では、町内会長さんから「火災などの恐れがあるので、ゴミを片付けて欲しい」と直接言われこのままにしておけない状況に。

 

デイケアサービスのスタッフに相談し、母がデイサービスを受けている間にゴミを片付けることを決意。

しかし、1人では到底できませんので、福岡不用品回収プロに依頼させて頂きました。

他にもゴミ屋敷対応の業者は幾つかありましたが、電話をした時の感じや費用の安さなどトータルで福岡不用品回収プロが一番良かったので決めました。

 

当時は、スタッフの方が手際よく資源ゴミと有料ゴミとに仕分けしながら2tトラックにゴミを積み込んでいきます。

一応、事前に貴重品などは除けておきましたが、スタッフの方は「これもゴミですか?」と声を掛けてくれたので安心感がありました。

トラックは、1回では足りなくて2往復してもらいやっとゴミが片付き部屋の中を普通に歩けるように。

スタッフの方から「きれいになって良かったですね」と言われてこちらも嬉しくなりました。

 

この作業は、一人では絶対にできなかったですし、周囲の人に頼みずらいことだったので、福岡不用品回収プロさんが引き受けて下さって本当に感謝しています。

後日、ご近所の方からもゴミが片付いて良かったと声を掛けられました。

デイサービスから帰ってきた母はゴミを集めていたことを忘れたのか、怒ることもなく普通に暮らしています。

今後は、実家を売却して母を施設に入れる予定なので、室内の清掃もお願いしたいですね。

【北九州市戸畑区で不用品回収】虫が湧いて体中が痒くなった...そんなときはお任せください!

福岡不用品回収プロの柿坂です。
これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。


先日、戸畑区まで不用品回収に行ってきました。

お客様は、2年生になる大学生です。

「家の中がゴミ屋敷なので来て下さい」とご連絡を頂きました。

私も、独身時代は万年床は頭り前で、扇風機は年中出しっぱなし、ビールの空き缶やスナック菓子の空き袋、コンビニ弁当が捨てられずに散らかっているような部屋で生活していたものです。

 

しかし、今回のお客様のお部屋は、夏目前だというのにこたつが出しっぱなしで、実家から届いたお米には虫が湧くなど悲惨な状態でした。

何よりも、玄関の扉がゴミのせいでスムーズに開けられない状態でした。

ゴミのせいで、虫が湧いて体中痒くなったので、このままではいけないと思ったそうです。

 

そうです、埃などを吸い込んでいると、鼻炎を引き起こすなどいいことが全くありません!

 

早速、ゴミを運び出し作業開始です。

ゴミの中にさり気なく、学校の教科書や何かの鍵が落ちていたので、捨てないように仕分けしながら不用品を片付けていきます。

 

また、趣味で古いものを集めるのが好きということで、部屋の中には壊れたスピーカーやラジオなどがありましたが、これも思い切って廃棄することを勧めて回収しました。

歩ける場所ができると、ゴキブリなどの害虫が目に付きましたので、掃除をした後に、燻煙剤で駆除するようにお話させて頂きました。

 

帰りにお客様から「掃除機を持っていないので、これから掃除機を買いに行きます」と、仰って頂けたのでホッとしました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。
宜しくお願いいたします。

【小倉南区で不用品回収】壁のカビは退去時にもめる元?原状回復のための清掃もお任せを!

福岡不用品回収プロの柿坂です。
これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。


先日、草刈正雄さんの出身地、小倉南区へ不用品回収に行ってきました。

リストラに遭い北海道から北九州市へ働きにやってきた30代の男性からのご依頼でした。

初めての土地で、慣れない仕事をしているうちに、軽いうつ状態になり部屋の中がゴミ屋敷になったしまったそうです。

 

聞いて驚いたのが、こっちに来て初めてゴキブリを見たそうです!

最近になって、同じ北海道出身の同僚の方と話をするうちに、うつ状態から解放されて部屋をきれいにしたいと思えるようになってきたと仰っていました。

どんな時でも、話相手がいるのといないのとでは気持ちの持ちようが違いますよね!

 

しかし、一人では片づけられない程のゴミや物が散乱しているということでした。

 

ご自宅にお伺いすると、玄関には投函されたままのチラシや郵便物が落ちていました。

ビールの空き缶が入っているゴミ袋が天井まで積んであり、寝る場所は1畳あるかないかという状態でした。

ゴミを片付けていると、ゴミの中から失くしていたという自転車の鍵も出てきました。

 

更に、壁の一部がかなりカビているのが見つかりました。

このままにしておくと、退去時に原状回復のための費用を請求されてしまう恐れがあることを説明し、壁の清掃も行いました。

ゴミがなくなると、窓からの光も入るようになり、すっかり明るく清潔になりました。

 

帰りにお客様が「仲間もできたので、これからは楽しく宅飲みをします!」と、明るく仰って頂けたので安心しました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。
宜しくお願いいたします。

【北九州市八幡東区で不用品回収】片づけと同時に鍵とパスポートを探すことに!

福岡不用品回収プロの柿坂です。
これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。


「不用品回収をすぐにお願いできますか?」

と、八幡東区にお住いの男性のお客様からご依頼がありました。

 

八幡東区と言えば、皿倉山の夜景が有名ですよね。

お客様は、大学の研究室で働いていらっしゃるのですが、家では掃除や片付けが兎に角できないのだそうです。

管理会社から、異臭がすると注意されてやっと片付ける気になったと仰っていました。

 

見積もりを出すために、ご自宅にお伺いしたところ、玄関にスーパーのレジ袋や空き缶などが落ちているのが目に入りました。

室内は、絨毯の代わりに新聞紙が敷き詰められていました。

汚れたら、新聞紙を重ねているとのことで、何層にもゴミと新聞紙がミルフィーユ状になっていました。

 

家の鍵を部屋のどこかで落として以来、スペアキーを使っているそうですが、この機会に失くした鍵も探して欲しいということと、1ヶ月後に海外旅行に行く予定があるため、パスポートも探して欲しいとのご要望です。

 

早速、ゴミを選別しながら袋に入れていきます。

鍵が落ちていないかよく確かめながら行うため、時間がかかりました。

まず、リビングのテーブルの近くで、鍵が見つかりました。

パスポートは、ベッドの側に落ちていました。

 

 

部屋が片付くとお客様が「何だか落ち着かない..」と、仰っていましたが、物がどこにあるか分からないと、出勤時などに慌てて探すことになり時間が勿体無いです!

 

それに、ゴミを溜めると埃やカビを吸い込んでアレルギー症状が出る恐れもあります!

しかし、お客様を責め立てるのは良くないので、ぐっと心に収めて帰りました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。
宜しくお願いいたします。

【北九州市八幡西区で不用品回収】大切なものが紛れ込んでいないか確認しながら片付けします

福岡不用品回収プロの柿坂です。
これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

先日、八幡西区に住んでいるお客様からご依頼を受けました。

八幡西区と言えば、シロヤの練乳たっぷりサニーパンですよね!

売り切れているとかなりショックです!

 

ご依頼のお客様は、車で5分ほどの所に住んでいるお母様の介護をしているそうです。

仕事があっても、お母様と同居しているお兄様から呼び出されると、仕事が終わってから介護のお手伝いをしていると聞きました。

 

お仕事でも、老人ホームで介護のお仕事をし、プライベートでも介護をするのは精神的に辛かったようです。

気が付くと、部屋中がゴミだらけになってしまい、一人では片づけられない状態になり困っていらっしゃいました。

介護をしていると、自分の家のことができないストレスや、家族間のいざこざなどが絶えないようです。

 

ご自宅にお伺いすると、ゴミ袋の山が玄関からお部屋まで天井に付きそうなくらい山積みになっていました。

また、買い物や食欲でストレスを発散していたそうで、家中に健康器具やお取り寄せグルメの箱が散らかっていました。

 

作業は、ゴミの片付けから開始しました。

大切なものが紛れ込んでいないか確認しながらゴミをトラックに積んでいきます。

 

次に、床や壁などがカビや食べカスなどで汚れていたので、丁寧に清掃します。

押し入れやタンスが空の状態だったので、衣類などを元の場所に戻すときれいなお部屋になりました。

ご実家の介護は、老人ホームに任せることになったと仰っていたので、これからはご自分の時間もできて精神的に楽になるのではないでしょうか。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。
宜しくお願いいたします。

【桂川町で不用品回収】家具の回収のはずがゴミ屋敷の片付けに

福岡不用品回収プロの柿坂です。
これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

桂川町にお住いの女性のお客様から、不用品回収のご依頼がありました。

桂川町と言えば、阪神タイガースの藤川俊介外野手の出身地ですね。

 

今回は、戸建て住宅のリビングを改装して、自宅でエステサロンを開業したいというお話で、リビングに置いている古い家具などを回収する作業のはずでした。

 

しかし、ご自宅にお伺いしてみると、家の中がゴミだらけで庭先にも壊れた物干し台やビデオデッキなどが積まれたゴミ屋敷状態でした。

ご自宅には、1ヶ月前まで認知症のお父様が同居していたとのことで、お父様がゴミを拾ってきてゴミ屋敷になってしまったということでした。

現在は、老人ホームに入ってもらったので、やっと家を片付けることができるとホッとされたご様子でした。

 

まずは、庭に積んであるゴミをトラックに積み込んでいきました。

次に、玄関やリビングに持ち込まれたゴミも運び出します。

そして、リビングで元々使われていたソファやテーブル、カーペットなども運び出しました。

不用品回収の作業が終わると、リビングは物が何もない状態となりました。

 

今後は、以前から勉強していたフェイシャルエステのお仕事を始めるそうで、イキイキとされていました。

今まで、お父様の介護を一生懸命されていたお客様ならきっとこれからは、ご近所の方のためにお仕事をして成功されると思いました。

ゴミだらけだった庭に、お花を早く植えたいとワクワクしている様子を見て、こちらも嬉しい気持ちになりました。


福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。
宜しくお願いいたします。

【嘉麻市で不用品回収】ゴミ屋敷化したお宅を片付け!家具も回収いたします

福岡不用品回収プロの柿坂です。
これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。


嘉麻市にお住いの男性のお客様から「不用品の回収をお願いします」とお電話を頂きました。

嘉麻市と言えば、ひふみんこと加藤一二三将棋士の出身地ですね。

 

お客様は、5年前に東京からご家族で移住してきたそうです。

 

しかし、1年前に離婚され、奥様がお子様を連れて出ていかれたとお聞きしました。

自宅で投資のお仕事をされているため、人付き合いが殆どなく、あっという間に家の中がゴミ屋敷になってしまったそうです。

また、離婚をした元奥様が選んだ家具などがあると、色々思い出してしまうので、ゴミと一緒に家具なども回収して欲しいとのご要望です。

 

平屋建ての一軒家をお伺いすると、広い土間にゴミ袋がびっしり積まれていました。

廊下にも至る所にゴミや衣類などが落ちていて、どの部屋もカーテンが閉め切った状態でした。

 

最近になって、近所の方が心配して声を掛けてくれるようになり、このままでは誰も家に呼べないと思えるようになったと仰っていました。

早速、ゴミを片付けることから始めました。次に、もう使わないというテーブル、椅子、ベッド、タンスなどを運び出します。

家電製品も回収して欲しいと仰ったのですが、家電製品は別途廃棄料がかかるので、そのまま使った方がいいと提案させて頂きました。

かなり物が無くなって生活感が無くなりましたが、ご近所の方を呼べるように少しずつ家具を揃えたいと穏やかな表情で話されていました。

身内よりも近くの他人の方が、親身になってくれることってあるんだなあと思いました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。
宜しくお願いいたします。

【田川市で不用品回収】ゴミ屋敷を片付けてお客様も笑顔に

福岡不用品回収プロの柿坂です。
これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

先日、バカリズムこと升野英知さんの出身地田川市で、不用品回収の仕事をしてきました。

お客様は、田川市の消防組合で、テレフォンアポインターとして働いている20代の男性です。

 

日々のストレスで、部屋の掃除を怠けているうちに、ゴミ屋敷になってしまったので、不用品回収をして欲しいとのご要望でした。

常に生死に関わる大事な電話を取る仕事は、不規則な上に非常に緊張します。

 

休職される方も多いと聞きます。

ストレスを発散するために、仕事が終わった後お酒を飲むようになり習慣化していったことが原因とのこと。

ご本人も、認識して現状から抜け出そうとしている姿勢が伝わってきました。

 

前向きな気持ちになれたのは、同僚や上司に仕事の悩みを相談したことが大きかったそうです。

やはり、一人で悩みを抱え込むよりも話を聞いてもらうと心が落ち着きますよね。

 

早速、ご自宅にお伺いすると、ゴミ袋が玄関に山積みになっていました。

夜勤が多く、ゴミの日を間違えて出して注意を受けて以来、ゴミを溜めるようになったそうです。

ゴミをトラックに積み込み、床が見えてくると、洗濯物やお弁当の空容器などが落ちているのが見えてきました。

 

不用品とそうでないものを慎重に選り分けて、不用品をトラックに積んでいきます。

洗濯機を使うと水が漏れるようになったということで、洗濯機も回収することになりました。

すっかり片付いて、清潔になった部屋を見てお客様が、「気持ちもさっぱりしました」と、いい笑顔になっていました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。
宜しくお願いいたします。

【直方市で不用品回収】買い物依存症状態のお部屋を片付け

福岡不用品回収プロの柿坂です。
これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。

 

直方市にお住いのお客様から、不用品回収の依頼がありました。

直方市と言えば、元大相撲力士の魁皇の出身地です!

通算勝星は、白鵬に次いで堂々の第2位は凄いですよね。

 

今回、ご依頼下さったお客様は、営業のお仕事をしていた30代の女性でした。

転職して始めた営業の仕事が慣れず、買い物依存症になり、家の中が衣類やバッグなどで溢れているので何とかしたいということでした。

毎日、営業成績が悪いと上司から怒鳴られ、営業に行くとセクハラまがいのお客様の対応に追われ、すっかりネガティブ思考になってしまったのだそうです。

 

胃腸炎になったことで思い切って仕事を辞めたら、気持ちが吹っ切れてこんなことではいけないと気が付いたそうです。

簡単に仕事を辞めるのはよくないと言いますが、合っていない仕事を無理に続けるのは意味がないと私も思います!

 

見積もりを出すためにご自宅にお伺いすると、未開封の何かが入っている箱や袋がたくさん出てきました。

また、床には雑誌や出前のピザが入っていた箱や、空のカップ麺なども転がっている悲惨な状態でした。

 

兎に角、ゴミを袋に入れては外に運び出す作業を繰り返しました。

ゴミは、ベランダにもびっしり捨てられていて、異臭もかなりありました。

不要な段ボールも小さく畳んで片付けると、やっと人が住める状態になりました。

「これで、一歩前進できました!」と、素敵な笑顔で挨拶して下さったので、お手伝いできて良かったと思いました。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。
宜しくお願いいたします。

【中間市で不用品回収】猫の糞尿のニオイ対策もプロにお任せください

福岡不用品回収プロの柿坂です。
これより、お客様の声をご紹介させていたただきます。


先日、高倉健さんの出身地中間市で、不用品回収のご依頼がありました。

お客様は、40代の女性でした。

 

一人暮らしをしているお母様が、自宅で捨て猫を何十匹も拾ってきて、近隣の住民から臭い、うるさいと苦情が来ていたとのこと。

慌ててご実家に行ってみると、猫が30匹ほど家の中で暮らしていて、猫の毛や糞尿で凄まじいニオイがしていたそうです。

 

更に、お母様が拾い集めたゴミが庭先に山積みになり立派なゴミ屋敷と化していたと仰っていました。

猫は、手分けをして里親を募り現在は3匹にまで減ったそうです。

 

見積もりを出すために、ご自宅に行ってみると、バリケード状に拾ってきたゴミが玄関先に積み上げられていました。

お母様が仰るには、猫が外に出て迷惑をかけないようにしているのだとか。

 

ゴミは、そのままにしておくと発火して火災の原因にもなりますし、崩れてお母様や猫達が下敷きになってしまったら大変です!

渋るお母様を説得して、不用品を手際よく撤去していきます。

 

また、猫の爪とぎと化したソファやクッションなども運び出し、部屋の中をきれいに清掃しました。

猫の糞尿のニオイは、家庭用の洗剤を使っても中々取れませんので、ここはプロの手が絶対に必要です。

猫が好きとはいえ、このままでは猫にとっても悪影響でした。

 

明るくきれいになった室内で無邪気に遊ぶ猫を見てホッとしました。

今後は、娘さんがご実家に戻り同居するということだったので、お母様も寂しくならないでしょう。

 

福岡不用品回収プロのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
不要品回収をご検討の際は、是非とも、福岡不用品回収プロで見積もり依頼してください。
宜しくお願いいたします。

遺品整理 福岡