ゴミ屋敷化した部屋の不用品回収。部屋がきれいになって、ウジウジしていた気持ちがスッキリ!

ゴミ屋敷化した部屋の不用品回収。部屋がきれいになって、ウジウジしていた気持ちがスッキリ!

福岡不用品回収プロの柿坂です。

ゴミ出しのトラウマから部屋がゴミ屋敷化した20代の女性の方から片付け後にお客様の声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

 

----- ここから -----

 

20代の保育士です。

片付けてもらう前、2年前に引越しをした時の段ボールがまだ数箱未開封のまま、リビングの隅に放置してありました。

 

風呂場、トイレはきれいに使っていますし、洗濯もきちんとしています。

なので、誰も私の家がゴミ屋敷だなんて想像できなかったようです。

 

ですが、乾いた洗濯を片付けたり、食べた後の片付けをするといったことができないんです。

ベランダには、引越してきた時に空になった段ボールが放置された状態になっていました。

 

特にゴミは、ゴミを出す日を間違った時に、近所の方から怒られてしまったのが原因で家に溜めるようになったんです。

たまたま、ゴミ袋の中に私の氏名・住所がかかれたDMが入っていたのを見られて、特定されてしまった訳です。

私が悪いんですが、ゴミを出す度にチェックされているかと思ったら、凄くストレスに感じてしまいゴミ出しが億劫になりました。

 

更に、職場では保護者からの無理な依頼や、職員同士のトラブルなど職場での問題が絶えなかったので、家に帰ると何もしたくなくなってゴミ屋敷に拍車がかかったと思います。

 

初めは、玄関に積み上げていたゴミ袋でしたが、場所がなくなり廊下、リビングとゴミを溜める場所が増えだし、異臭もするようになりました。

ご近所の方から、異臭がするとのクレームも入りこのままでは強制退去になってしまうと思い、福岡不用品回収プロに片付けをお願いしました。

 

知らない人に自分の汚い部屋を見られるのは嫌でしたが、電話をした時に「ゴミ屋敷って全体の7割が女性なんですよ」という話を聞いて「なんだ、私だけじゃなかったんだ!」と少し気持ちが軽くなり契約させてもらいました。

 

なるべく近所の方に知られないようにして欲しいとお願いすると、平日の午前中人気がない時間帯に片付けてもらえることになりホッとしました。

ゴミをどんどん外に出して、トラックに詰め込むと、床に探していた指輪やネックレスが転がっているのを発見!

他にも、1回しか履いていないパンプスや、ローンを払い終えていない美顔器も出てきました。

自分では、ゴミは溜めても清潔にしていると思っていましたが、それなりに散らかしていたことが分かり恥ずかしかったです。

 

作業が終わった時に、スタッフの方からゴミ収集日の紙を貰った時は嬉しかったですね。

部屋がきれいになって、ウジウジしていた気持ちが吹っ切れてスッキリしました。

これからは、部屋が汚くならないように頑張ります。

天井に届きそうなゴミを片付け!使えるものはリサイクルのために分別します!

福岡不用品回収プロの柿坂です。

不用品回収を行ったお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

 

 

----- ここから -----

 

30代の独身女性です。

アパートのゴミを片付ける前は、立った時、天井に頭が付きそうなくらいゴミを溜めていました。

丸くなって寝るスペースが部屋の隅にあるのですが、部屋には色々な物やゴミを放置していました。

 

台所には、食べカスの山ができて流しを使うことができない状態でした。

自分でゴミを片付けようとしたら、逆に風呂場にゴミが溜まったり、寝るスペースも無くなって気が付いたら通り道も無くなっていました。

 

5年前に転職して職場環境が変わった頃から、仕事の疲れやストレスでゴミを放置する癖がついてしまったと記憶しています。

誰にも相談することができなかったのですが、実家の両親に相談し業者に依頼することを決断しました。

 

ゴミ屋敷を片付けてもらう際に、残して欲しいものをリストにしてお願いしていました。

 

分別くらい自分ですべきでしょうが、仕事が立て込んでいたのでお願いさせていただきました。

やはり、節約のため使えるものは捨てずに使いたいので。

 

他の業者は、使えるものはリサイクルに出した方が費用を抑えることができると言って、分別するのを嫌がる感じでした。

しかし、福岡不用品回収プロさんは「分かりました!」と気持ちよく引き受けてくれたんです。

信頼できるな、と思い契約させて頂きました。

 

アパートの入居者から、異臭がするとの苦情が来ていたため、止む無く引っ越すことになったのですが、片付けた後、必要な荷物を新居に運ぶ作業もお願いしました。

作業は、日曜の午前中にスタートし、13時過ぎには片付いていました。

ハウスクリーニングもしてもらって、見違えるほどきれいになった室内を見て、どれだけ自分の心がすさんでいたのかが分かりました。

 

引越し先に必要な荷物を運んでもらい、夕方には作業が終わっていました。

片付けが終わった部屋から、クレジットカード、一万円札数枚、指輪などの貴重が落ちていたと報告して下さってびっくり。

 

それから、必要な荷物が入っていた段ボールを回収して下さったので、部屋に段ボールが置きっ放しになることもなく、きれいな部屋をキープすることができました。

今は、仕事のストレスもなく、あっても同僚に相談してストレスを溜めないようにしているので、部屋が汚くなることはありません。

 

いずれにしても、面倒なリクエストに対して嫌な顔をせずに引き受けてくれた福岡不用品回収プロさんには感謝の気持ちで一杯です。

物を大切に扱う、ゴミはちゃんと捨てるシンプルなことを教えていただきました。

遺品整理 福岡