福岡の礎

福岡の礎

九州は古くから大陸に開かれた日本とアジアの接点として、それぞれの文化が交わってきました。
中世近世の日本において、大名や旗本の支配権の大きさや、経済規模を表す単位だった石高は、領主の収入や保有できる武士などの軍事力、農民に対しての年貢など力の象徴でありました。

徳川家康の天下となった江戸時代、戦での功績から日本で7番目の石高となる52万石を与えられたのが黒田長政ですね。
長政は、新たな領地に城を築き城下町福岡に新な歴史を刻みました。

慶長5年豊臣秀吉亡き後、徳川家康が総大将の東軍と石田三成を中心とする西軍が戦った関ケ原の合戦。
この時、後の福岡藩初代藩主である黒田長政は、三成との対立もありまた、妻の父でもある家康率いる東軍として関ケ原の合戦に参戦。

長政は、東軍が勝利する大きなきっかけとなる功績を挙げます。
戦いで勝利した徳川家康は後に天下を統一し、265年間続く江戸時代が始まりました。
関ケ原の合戦後、約400年前の福岡県周辺は筑前、筑後、豊前、豊後とそれぞれに領地が定められていました。
長政は、父黒田官兵衛から受け継いだ豊前12万石の領主でした。

合戦後、長政はその功績によって筑前52万石を与えられ大名として大出世をしました。
そして、複数の候補地の中から現在の福岡市中央区城内に領地の拠点となる城作りに取り掛かります。
築城にあたり長政は、黒田家縁の地である備前国福岡の地名から新な居城の地を福岡と変えます。

櫓の場所など城郭の配置は、城造りの名人と言われた父黒田官兵衛と取り組みました。
築城開始から7年。
周辺の河川と博多湾からの水を貯え浮かぶように配置された城郭。
そして、武器や食料を貯える47の櫓を備え、防御に優れた福岡城が完成したのです。

関ケ原の合戦後の微妙な政治状況の中で、いつ有事が起きても強い防衛力を備えた城郭を築くということは、当然のことでした。
堀に面して配置された横矢掛かりと呼ばれていた直角に曲がった道は、攻め込んで来た敵を側面から攻撃するために作られました。
この道は、中央区赤坂の北側に当時と同じ形で道路が整備され残そのまま利用されています。

長政は更に、博多の街も含めた戦に備えた街も行っています。
博多湾の海岸線から博多部の東にかけて多くの寺を集め戦となった場合、武士が集結する場所となり戦闘の際に墓石は盾として使用し、食料などの備蓄も行える陣としすると考えていたようです。
他にも、領地の経済を支える農村部の基盤整備を行うなど、福岡の基礎となる功績を多く残しています。

【久留米市の不用品回収】ゴミ屋敷状態のアパートが広々とした空間に!

福岡不用品回収プロの柿坂です。
久留米市で不用品回収をしたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

--- ここから ---

久留米市に住んでいる祖母のアパートへ様子を見に行くと、ゴミ屋敷寸前状態になっていました。
昔から「勿体無い」と言って何でも捨てずに取っておく性分の母でしたが、最近になってゴミを拾ってくるようになったのです。
母に「外に落ちている物を拾ってくるのはダメだよ」と注意しても「まだ使えるから」と言って言うことを聞きません。

このままでは、アパートに住んでいる他の入居者や大家さんに迷惑をかけてしまうことになります。
ゴミを片付けて…と言っても燃えるゴミ、壊れた家電などの有料ゴミ色々でどこから手を付けたらいいのか困惑するばかりでした。
夫婦共働きで時間がないこともあり、ここは業者に不用品回収を頼むしかないと思いネットで検索。

不用品回収業者がたくさんある中、相見積もりを5社に依頼したのですが、福岡不用品回収プロさんの対応が一番良かったので契約しました。
福岡不用品回収プロさんは、即日対応でゴミに至るまでしっかり回収してくれるということと、見積もり以外の請求が発生しないということでした。
また、こちら側の要望にも応えようと努力する姿勢も感じられたので安心感がありました。

また、今後ゴミ屋敷にならないようにする予防策についても相談に乗って下さり、心も洗われたようです。

作業当日は、母を父の墓参りに連れ出している間に行ってもらいました。
立ち合いは、妻に任せましたがパートの仕事が終わってからとなったので、ほぼ立ち会わない状態でした。
スタッフさんに鍵を渡して作業をお願いすることができたので、仕事を休んだりする必要もありません。

ぎっちり結ばれたビニール袋を1つ1つ開けて、分別しながらの作業は大変だったと思います。
壊れたラジカセやミシンなどの家電や、古い雑誌、食べ残した総菜など殆どゴミの山でしたが、数時間で片付けて頂けたのでびっくりしました。
片付けてもらう前は、座ったり寝たりする場所が1畳もなかった状態でしたが、片付け終わったらこんなに広かったのか!と驚くくらい広々とした空間ができました。

作業後、床に落ちていた部屋の鍵や小銭、請求書などの貴重品を捨てずに避けておいてもらえたので助かりました。

片付いた部屋を見て、「何で捨てたの?勿体無い!」とブツブツ文句を言っていた母でしたが、部屋でくつろげるようになって嬉しそうでした。
今後は、母ともっとコンタクトを取り一緒に晩御飯を食べたり、一緒に出掛けるなどしてゴミ屋敷になるのを防ごうと思いました。

【久留米市で不用品回収】ゴミ屋敷状態の家を5社見積から一番対応がいいところに依頼

福岡不用品回収プロの柿坂です。
久留米市で不用品回収をしたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

--- ここから ---

久留米市に住んでいる祖母のアパートへ様子を見に行くと、ゴミ屋敷寸前状態になっていました。
昔から「勿体無い」と言って何でも捨てずに取っておく性分の母でしたが、最近になってゴミを拾ってくるようになったのです。
母に「外に落ちている物を拾ってくるのはダメだよ」と注意しても「まだ使えるから」と言って言うことを聞きません。

このままでは、アパートに住んでいる他の入居者や大家さんに迷惑をかけてしまうことになります。
ゴミを片付けて…と言っても燃えるゴミ、壊れた家電などの有料ゴミ色々でどこから手を付けたらいいのか困惑するばかりでした。
夫婦共働きで時間がないこともあり、ここは業者に不用品回収を頼むしかないと思いネットで検索。

不用品回収業者がたくさんある中、相見積もりを5社に依頼したのですが、福岡不用品回収プロさんの対応が一番良かったので契約しました。
福岡不用品回収プロさんは、即日対応でゴミに至るまでしっかり回収してくれるということと、見積もり以外の請求が発生しないということでした。
また、こちら側の要望にも応えようと努力する姿勢も感じられたので安心感がありました。

また、今後ゴミ屋敷にならないようにする予防策についても相談に乗って下さり、心も洗われたようです。

作業当日は、母を父の墓参りに連れ出している間に行ってもらいました。
立ち合いは、妻に任せましたがパートの仕事が終わってからとなったので、ほぼ立ち会わない状態でした。
スタッフさんに鍵を渡して作業をお願いすることができたので、仕事を休んだりする必要もありません。

ぎっちり結ばれたビニール袋を1つ1つ開けて、分別しながらの作業は大変だったと思います。
壊れたラジカセやミシンなどの家電や、古い雑誌、食べ残した総菜など殆どゴミの山でしたが、数時間で片付けて頂けたのでびっくりしました。
片付けてもらう前は、座ったり寝たりする場所が1畳もなかった状態でしたが、片付け終わったらこんなに広かったのか!と驚くくらい広々とした空間ができました。

作業後、床に落ちていた部屋の鍵や小銭、請求書などの貴重品を捨てずに避けておいてもらえたので助かりました。

片付いた部屋を見て、「何で捨てたの?勿体無い!」とブツブツ文句を言っていた母でしたが、部屋でくつろげるようになって嬉しそうでした。
今後は、母ともっとコンタクトを取り一緒に晩御飯を食べたり、一緒に出掛けるなどしてゴミ屋敷になるのを防ごうと思いました。

【北九州市で不用品回収】戸建ての不用品回収で貴重品を避けておいてくれました!

福岡不用品回収プロの柿坂です。
北九州市で戸建ての不用品回収をしたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。

----- ここから -----

母と北九州市に建てた戸建てで同居することになり、納戸代わりにしていた6畳の和室を片付ける必要がありました。
納戸と言っても旧漢字で読めない古本、子供が独立し使わなくなった勉強机、着なくなった古着、引き出物で頂いた食器など不用品を押し込めるために使っていた部屋です。
同時に、1人暮らしをしている母の荷物もなるべく減らしてもらいたかったので、母の引越前に不用品回収を依頼したいと考えていました。

不用品回収業者を探すためネットで検索すると、「違法な業者に注意して下さい」といった検索結果が出てくるので、どの業者に頼めばいいのか不安になりました。
「幾らかかるか見積もりを取ればいいんじゃない?」と妻に言われ、恐る恐る複数業者に見積もりを依頼しました。
見積もりを依頼しただけなのに、朝から電話がひっきりなしにかかってきて「今ならすぐに予約を入れることができますよ」と煽るような営業トークをしてくる業者が多くてどうしようかと思いました。

しかし、福岡不用品回収プロさんは電話対応の感じが良くて相談しやすかったのと、明朗会計な料金プランだったので「信頼できる業者さんだな」と思うことができたんです。
見積もりの際には、母が自分1人では不安だと言うので、私の仕事が休みの日に来てもらうことにしたのですが、母のアパートの見積もり後、そのまま自宅にも見積もりに来て頂けることになりました。
お陰で、すぐに見積もりを出してもらうことができ、そのまま契約し作業日程も組む手筈が取れました。

作業の前日までに大切な物を除けておきましたが、スタッフの方から「これは大切な物ではないですか?」と印鑑が入ったポーチを手渡されました。
業者によっては、大切なものを捨てられてしまうこともあると聞いていたので、福岡不用品回収プロさんの丁寧な作業には感謝しています。

古本は埃が溜まり暑い中、マスクを着用しての作業は大変だったと思います。
本に関しても、1冊ずつ貴重品が挟まっていないか確認してから段ボールに詰めて運び出していました。

作業自体は、自宅の6畳間が3時間弱で、母のアパートが2時間程度で完了。
すぐに部屋を掃除して、母の荷物を受け入れる態勢ができたのも良かったです。
業者によっては、予約がいっぱいなので2日に分けて欲しいと言ってきたところもあったので、スムーズに作業ができたのはストレスレスで素晴らしかったの一言に尽きます。
夕方には、母の荷物を運んで整えることができたので、夜は家族で引越し祝いをしました!

遺品整理 福岡