【大野城市で不用品回収】リフォーム前に不用品回収のご依頼!

福岡不用品回収プロの柿坂です。
大野城市で不用品回収をしたお客様より声をいただきましたのでご紹介いたします。
※お客様の特定をさけるために作業と掲載の時期をずらしてご紹介させていただいております。

--- ここから ---

入院中の父が退院してくるまでに、大野城市の自宅を介護しやすいようにリフォームしようということになった時、不用品回収をお願いしました。

介護するためのリビングの隣の和室は、お昼寝用に置いていた子供が使っていたシングルベッドや、古い布団などがあり、まずはこれ等を廃棄して介護用ベッドを入れるスペースを確保する必要がありました。

それから、自宅の廊下には、細い収納棚が設置されていたので、手摺りを付けることができない状態でした。
なので、収納棚を取り払う必要がありました。
収納棚の中には、履かなくなった古い靴や傘、植木鉢などがごちゃごちゃと入っていました。

これらも、一度に回収をお願いすることに。
それから、廊下には滑り止めとして古いゴザを敷いておりましたが、これも廃棄することに。

他にも、浴室に置いてある古いタライやスノコ、風呂フタも捨てることにしました。
初めは「まだ使えるのに..」と捨てることに対する罪悪感がどうしてもありました。

ですが、福岡不用品回収プロさんに電話に問い合わせた時に「1年以上使っていない物は不要品と考えて、思い切って廃棄した方がスッキリしますよ」とのアドバイスに後押しされ思い切ることができました。

福岡不用品回収プロさんは、引越し業者なので重い荷物の持ち運びで、床や壁を傷付けることなく作業してくれました。
もちろん、養生シートでカバーもしてくれます。

リフォーム前に不用品を回収して頂き、無駄な動線がなくなったことで、家事や介護がしやすくなりました。
父の介護ベッドの高さと、リビングのソファの高さが丁度お互いの目線位置と合っていて、お互いに様子を見ることができる点が特に良いと思いました。

お陰で、介護される側も快適に過ごせるようになり、家族間のコミュニケーションが以前より良くなったように感じます。
キッチンからリビング、介護部屋へまでの見晴らしも良くなり、家事をしながら家族の様子を見ることも容易なり感謝しています。

不用品回収は、ほぼ何もしなくてもいいのでとても楽でした。
翌日からすぐにリフォーム業者に来てもらって、というスムーズな流れを作れて良い感じでした。

福岡不用品回収プロさんは、貴重品が紛れていないか1点1点確認しながら不用品回収してくれるので、こちらが忘れていた写真や手紙などを見つけてくれて有難かったです。
もったいないからと言って今までかなりの不用品を溜め込んできたんだな、と改めて実感しました。
気分もスッキリしました!

遺品整理 福岡